ノート/マイニング
訪問者数 3101      最終更新 2008-05-12 (月) 16:35:41

バスケット解析をRで
図書データをRで

バスケット解析

見た本

問題

みんながスーパーマーケットで1週間分の買物をするとする(米国での習慣)。 レジでの支払い時に、レジスター(POS端末)に買い物のリストが蓄積される。

この、<1回の買物で買う品物のリスト>のデータの蓄積を分析することによって、 どの品物を買った人がどの品物を同時に買うか、という情報を得ることが出来る。これを 参考にして商品配列を工夫する(近くに置く)などの売り上げ向上策が考えられる。 よく引用されるのが「紙おむつを買った人の多くがビールを買う」という例である。

これを完全なブラックボックス(理屈はわからないがとにかく結果として 紙おむつ→ビール)と考えるのではなく、 データマイニングでは「なぜその法則が成り立つのか」が人間にとってわかる必要が あると考える。完全に自動化しないということであり、法則性の解釈に人間の介在が 必須と考えているようである。この辺が機械学習(ニューラルネットなど)とは異なる。

理論

定義:

アプリオリアルゴリズム

ここからあと(3.1残り-3.2)は省略

分類階層つき相関ルール


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-12 (月) 16:35:41 (3298d)