ノート/ノート
訪問者 4658  最終更新 2015-04-05 (日) 15:26:54

theanoインストール

インストール

参考=Centos6.0上のインストール例

テスト

TheanoとDeep Learning

とにかくポインタ

PyLearn2 〜 Theanoを使ったDeep Learning

gitが必要。なければ

yum install git

pylearn2をダウンロード

git clone git://github.com/lisa-lab/pylearn2.git

インストール

cd <pylearn2home>/pylearn2/
su
python setup.py develop

ついでに

export PYLEARN2_DATA_PATH=/data/lisa/data

次にチュートリアル Quick-start example に従って試す。まずcifer-10(cs.toronto.eduのデータ、ここに説明)をダウンロード

cd <pylearn2home>/pylearn2/scripts/datasets
./download_cifer10.sh   しばらくかかる

次に、モデルをtrainする

<pylearn2home>/pylearn2/scripts/tutorials/grbm_smd/ 
python make_dataset.py
export PATH=$PATH:<pylearn2home>/pylearn2/scripts  .bashrcに入れておくとよい
train.py cifar_grbm_smd.yaml

次にモデルを見てみる。その前に、matplotlibを使うので、それをインストール。その前に

sudo yum install freetype-devel libpng-devel
pip install matplotlib

更に表示のためにeogが欲しいので

yum install eog-devel

その上で

export PYLEARN2_VIEWER_COMMAND="eog --new-instance"
show_weights.py cifar_grbm_smd.pkl   << Xwindowなりのディスプレイ環境が必要、teraterm下ではエラーになる

その結果表示されたものが
cifar_grbm_smd-show_weight.png

更に

plot_monitor.py cifar_grbm_smd.pkl  << サブコマンドの使い方が分からない

Deep Learning Tutorial の Theano例題をやってみた >> Deep Learning Tutorialの例題


添付ファイル: filecifar_grbm_smd-show_weight.png 429件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-05 (日) 15:26:54 (903d)