ノート/ノート
訪問者数 585      最終更新 2012-04-09 (月) 14:37:21

2012/04/09 Linuxのtopコマンド 〜 マルチコア上で並列動作を確認する

マルチコア上で並列動作を確認したいときの1つの方法として、linuxのtopコマンドを用いることができる。

使い方は、たとえば topコマンドによるLinuxサーバ管理  など参照。

具体的には、まず端末ウィンドウを2つ起動する。一方の端末(A)では並列のアプリケーションを起動することにし、もう1つの端末(B)の上で、コマンドラインで

top

として、状態表示のプログラムtopを起動する。

top_command_pre_MP.PNG

のような画面が出たら、その後、

1

を入れる。これによって、プロセッサごとの数値が出るようになる。

top_command_MP.PNG

この上図は、1を入れてマルチプロセッサ表示にした後、端末(A)の側で並列のアプリケーションを起動し、しばらくしてから(まだ実行終了していない)の状態である。

よく見ると、プロセッサCPU0〜CPU7で、どれもほとんど100%になっている。つまり、8つのプロセッサコアが並列にプログラムを実行していることが分かる。

では、プロセッサ数を4に制限するとどうなるか。端末(A)のコマンドプロンプトに対して

export OMP_NUM_THREADS=4

を設定すると、topの画面は

top_command_4MP.PNG

のようになる。CPU2, 3, 4, 7にプロセスが割り振られているが、その他に何かのバックグラウンドの仕事がCPU0と1で動いていることが分かる。


添付ファイル: filetop_command_4MP.PNG 201件 [詳細] filetop_command_MP.PNG 164件 [詳細] filetop_command_pre_MP.PNG 166件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-09 (月) 14:37:21 (2076d)