山内の授業のページ

アクセス数 523  このページの最終更新 2015-10-23 (金) 07:53:46

15年度秋学期 大学院 コンピュータ科学基礎論

金曜日2限、秋学期前半

山内担当分のスケジュール(案)

テーマ予習材料配布物
109/18授業概要・授業の進め方
並列処理の背景と必要性
 議論 ムーアの法則の解釈/破るには
並列処理の背景filesyllabus.pdf
fileyama-syllabus.pdf
filegr1-2_What-Why.pdf
209/25並列処理の限界・アムダールの法則
議論 アムダールの法則の解釈/破るには/長さ不一致の問題
(再掲) 並列処理の背景
並列処理の限界
filegr2-2_第2回資料.pdf
310/02SIMD型並列処理
 議論 SIMDでできることできないこと/ハードに頼る利点欠点/命令パイプラインの限界/
    プログラムのパイプライン化の可能性
Flynnの分類
パイプラインの考え方 (学部1年授業再掲)
パイプラインのハザード (学部1年授業再掲)
filegr3-1_第3回資料.pdf
410/09MIMD型並列処理
 議論 MIMDできることできないこと/共有メモリvs分散メモリとNUMA/
    プログラムのMIMD化の可能性
MIMDの構成filegr4-1_第4回資料.pdf
510/16並列プログラミング
 議論 モデル〜マルチスレッドやfork-join/
プログラミング言語の役割〜pthread/OpenMP/MPI/論理型言語
並列プログラミングモデルfilegr5-1_第5回資料.pdf
610/23アルゴリズムと並列
 議論 並列を前提としたアルゴリズムとは/そもそもアルゴリズムとは
アルゴリズムと並列filegr6-1_第6回資料.pdf
710/30汎用ハードの概観
 議論 マルチ汎用コア/GPGPU/クラスタの特徴
並列まとめ
 議論 並列にできることできないこと/その先
汎用並列ハードの概観

山内担当分の授業概要

到達目標

本授業では、コンピュータ科学の基礎論として、並列処理のためのコンピュータアーキテクチャ、アルゴリズムを学び、コンピュータ科学の基礎を理解することを到達目標とする。

内容

本授業では、並列処理のための基本的な考え方を復習した上で、実用化されにくい本質的な理由を考え、将来の更なる技術開発の糧とする。

すでにコンピュータアーキテクチャ・プログラミング・アルゴリズムについて、学部授業での理解を前提として、並列処理のさまざまな問題点をテーマとして取り上げ、議論する。

授業方法

評価

平常点40% + 期末レポート60% とする。

参考書

 「C/C++プログラマーのためのOpenMP並列プログラミング」(菅原清文著、カットシステム)
 「コンピュータアーキテクチャ」 (内田啓一郎、小柳滋著、オーム社)
 「並列コンピューティング技法(実践マルチコア/マルチスレッドプログラミング)」 (Clay Breshears (著), 千住治郎(訳)  オライリージャパン)
 「並列処理技術」 (笠原博徳著、コロナ社)
 「OpenMP入門マルチコアCPU時代の並列プログラミング」(北山洋幸著、秀和システム)

山内へのコンタクト

居室: 理4号館5階 4541室
メール: yamanouc (at) is.sci.toho−u.ac.jp
電話: 047-472-1176  内線なら 3602


添付ファイル: filegr6-1_第6回資料.pdf 85件 [詳細] filegr5-1_第5回資料.pdf 110件 [詳細] filegr4-1_第4回資料.pdf 81件 [詳細] filegr3-1_第3回資料.pdf 95件 [詳細] filegr2-2_第2回資料.pdf 104件 [詳細] filegr1-2_What-Why.pdf 112件 [詳細] filesyllabus.pdf 128件 [詳細] fileyama-syllabus.pdf 95件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 07:53:46 (608d)