山内のサイト 訪問者 2620    最終更新 2014-08-10 (日) 09:28:19

2015年度(2014年9月配属手続き)卒論配属について

本ページは、http://pepper.is.sci.toho-u.ac.jp の2015卒論ガイドのページである。

研究室の概要・案内は、http://www.yy.is.sci.toho-u.ac.jp を参照のこと。

配属に当たって 〜 希望提出の前に面談が必須

山内研を希望する場合、希望調査を出す前に、必ず山内と面談すること。内容は、

配属希望に伴う面談は、次の要領で考えて欲しい。

山内の卒論に対する基本的な考え方

卒業研究は、授業や実験と違って、1つのまとまった問い・疑問に対して、自分なりに研究を組み立ててゆくプロセスを経験してもらう。その中には例えば

これらの手順・ステップは、この卒業研究だけでなく、世の中に出て何かまとまったことをしようとするときに踏まなければならないステップであろう。それを少しでも身につけて、卒業して行って欲しい。

2015年度卒論のテーマ候補について

現在研究室で手掛けている研究(卒論・修論・山内の研究)の領域は

  1. データの解析 (データマイニング(ウィキペディアの説明)
  2. テキストデータの解析 (テキストマイニング(ウィキペディアの説明)
  3. その周辺にある、
    • 計算方法 (たとえば並列処理、マルチコアによる並列処理、汎用グラフィックプロセッサによる並列処理)
    • テキスト解析方法 (たとえばベクトルと学習による意味解析の可能性 〜 word2vecモデル)
    • 学習手法 (たとえば深層学習(ウィキペディアの説明)
    • クラスタ分析 (たとえば多重クラスタ分析)

などのようなものである。

また、これらに関連して山内が試したり考えたりしたことは、ホームページ http://pepper.is.sci.toho-u.ac.jp のあちこちに書いてある。上部のメニューの「単語検索」で適当なキーワードを入れてみてほしい。

これらの分野は山内が今まで手掛けたことがあるというだけで、研究テーマとしてこれらに限定するわけではない。山内が興味を持てば、一緒に探究していくことは可能である。ただしその場合には、山内が「目利き」をすることが出来ないので、自分で先行研究を探し、結論を出せる可能性について自分で判断し責任を持ってもらわなければならない。つまり、「センセーが言うとおりにやったけどうまくいかなかった」と言われても、責任を持てないゾ、ということである。自分の責任で挑戦する限りは、できる限り手伝おう。

過去のテーマの一覧(要旨のみ)は 過去の卒論・修論 のページを参照。

卒業研究の単位取得の条件

2015年度は、卒業研究の完成だけでなく、その過程で必要となるスキルや思考力を養う上での具体的な達成目標を求める(評価対象にする)ことにする。

また、追加項目として、

を掲げておこう。

これらが満足できない学生は、はっきりいって責任が持てない。 配属後に一生懸命努力して、何とか追いついてほしい。

これらの達成目標に対して、毎月チェックをし、進捗が見られない場合はその学期の「卒業研究」(3年後期においては「情報英語」)の単位を認定しない。

学生からの質問と山内の答

質問に対して出来る限り答えようと思います。 投稿者はルールとして必ず本名で記名して下さい。 質問欄にそぐわない投稿は削除します。 期間限定(卒論配属終了まで)。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 必ず(本名で)記名して下さい。そうでないものは削除します。 -- 山内? 2012-08-31 (金) 09:06:04
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-10 (日) 09:28:19 (1081d)