[[ノート/ノート]]
訪問者 &counter;   最終更新 &lastmod();

***バッチファイル [#y6f4e62a]

-FOR分の使い方
 setlocal
 for /L %%i in ( 4, -1, 1) do echo %%i

-代入と表示の仕方。-Aは以下を数式として扱え。細かくはset /? もしくは[[MSのSetのページ:http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/ja/library/0df63b3c-267c-44b7-9361-ae2c4461330f1041.mspx?mfr=true]] なおechoの時はjを環境変数として扱うので%j%。
 set /A j=2
 echo %j%

-コメント
 rem hogehoge

-いちいちエコーされるのでうっとうしいので
 @echo off
 rem hogehoge
 set /A j=2
 @echo on
 echo %j%

-もう少し計算をさせると
 set /A j=2
 set /A j=j+5
 echo %j%

-総和計算ぐらいはできる。どこに%%をつけるか注意。
 set /A j=0
 for /L %%i in (1, 1, 7) do set /A j=j+%%i
 echo %j%

-ループボディが複数の文からなるときでも1行で書かなければならない。(かっこ悪いが)。これで、ループを回るごとにecho %%%iとset /A j=j+%%%iを行う。
-ループボディが複数の文からなるときでも1行で書かなければならない。(かっこ悪いが)。これで、ループを回るごとにecho %%iとset /A j=j+%%iを行う。
 set /A j=0
 for /L %%i in (1, 1, 7) do echo %%i & set /A j=j+%%i
 echo %j%

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS