ノート/ノート

mlpackのインストール

mlpack (machine learning package)

インストールガイドは、ダウンロードしたものからdoxygenで生成。

doxygen

前提ソフトのインストール

ようやく本体mlpackのコンパイル

サンプルプログラムの実行

サンプル covariance

// Includes all relevant components of MLPACK.
#include <mlpack/core.hpp>

// Convenience.
using namespace mlpack;

int main()
{
  // First, load the data.
  arma::mat data;
  // Use data::Load() which transposes the matrix.
  data::Load("data.csv", data, true);

  // Now compute the covariance.  We assume that the data is already centered.
  // Remember, because the matrix is column-major, the covariance operation is
  // transposed.
  arma::mat cov = data * trans(data) / data.n_cols;

  // Save the output.
  data::Save("cov.csv", cov, true);
}

コンパイルは

g++ -c -o covariance.o covariance.cpp -I/usr/include/libxml2 -I/usr/local/include/
g++ -o covariance covariance.o -lmlpack -larmadillo

実行する時に、もしldできないと言ってきたら(/usr/local/libがLDパスに入っていないため)

sudo ldconfig

とするか、実行前にいつも

LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
export LD_LIBRARY_PATH

とするか。

コマンドラインでも実行できる

コマンドラインからの実行

gmm (Gaussian Mixture Model)を使うと、

gmm -h でヘルプ
gmm -i 入力ファイル -o 出力ファイル -g 正規分布の数  で実行
gmm -i test.csv -g 2

これによって、test.csvが解析され、出力(デフォルト名)gmm.xmlが生成される。

OpenCVにも

OpenCVにもGMMのEMアルゴリズムがある ⇒ http://opencv.itseez.com/modules/ml/doc/expectation_maximization.html


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-13 (火) 16:37:01 (1984d)