[[ノート/ノート]]~

訪問者数 &counter();      最終更新 &lastmod();

**音解析 (2010-11-05) [#l2220ce5]

***参照 [#i71b0bbd]
-[[FFTライブラリ:http://www5.airnet.ne.jp/tomy/cpro/sslib8.htm]]
-[[FFT Analyzer:http://fft-analyzer.brothersoft.jp/]]
-[[窓関数:http://laputa.cs.shinshu-u.ac.jp/~yizawa/InfSys1/basic/chap9/index.htm]]
-[[RでFFT:http://www.is.titech.ac.jp/~mase/mase/html.jp/temp/fft.jp.html]]  [[1分で試すフーリエ変換(FFT):http://diaspar.jp/node/209]]  [[R-Source:http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/38.html]]
-Waveファイルやサウンドカードからの入力をスペクトラム表示 [[WaveSpectra:http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/ws/ws.html]]
-MP3⇒WAVE [[Vector:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/sound/conv/]]でMP3Deco1.5を使ってみた。
-[[Waveファイルフォーマット:http://www.kk.iij4u.or.jp/~kondo/wave/]]
-あそんでみる [[音のデジタル表現:http://www.cs.miyazaki-u.ac.jp/~date/lectures/ics/kadai/sound2009ics.html]]
-GnuPlot [[Win32版:http://sourceforge.net/projects/gnuplot/files/gnuplot/4.4.2/gp442win32.zip/download]]

-Rでのソート(値でソートしてそのインデックスが知りたい) [[データの結合(マージ)と整列(ソート):http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r/43.html]]
-それを使って、largest, second-largestなどのインデックスが知りたい   ちょっと違うかもしれないが、[[Excel にある一変量統計関数 :http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/R/univariate.html]]
 specが値のベクトルとして、左側にindexを付けてソート
 v <- cbind(0:220, spec[0:220])
 indexforlargest <- v[rev(order(v[,2])),][1]

-周波数の計算  freqforlargest <- indexforlargest * 50~
周波数から音程へ: 
周波数から音程へ:
|A |440.000|
|G#|415.305|
|G |391.995|
|F#|369.995|
|F |349.228|
|E |329.628|
|D#|311.127|
|D |293.665|
|C#|277.183|
|C |261.626|
|H |246.942|
|B |233.082|
|A |220.000|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS