[[山内の授業のページ]]

アクセス数 &counter();  このページの最終更新 &lastmod();
**08年度春学期 コンピュータアーキテクチャ [#bfd02587]
**08年度秋学期 コンピュータアーキテクチャ [#bfd02587]

クラス分け・担当・教室~
吉田担当クラス(5508001-5508062・過年度生、V-5102教室)~
山内担当クラス(5508063-5508124、     III-404教室)~

方針:
-吉田先生のクラスと同じ内容をカバーする予定だが、話の順序が若干異なるかもしれない。
-歴史については、ところどころで触れる
-命令動作に少し余計に時間を費やす
-教科書の順序と多少違うが、授業の中で教科書の参照ページを示す

教科書:「コンピュータアーキテクチャ」(内田啓一郎・小柳滋著、オーム社)

|  |     | 昨年度                                      |今年|
| 1| 9/24|授業概要・アセンブリ例・歴史|授業概要・コンピュータの仕組の概略・プログラムや論理回路との関係(1.3を中心に)|
| 2|10/ 1|デバイスの進歩・アーキテクチャとは・基本構造・命令実行・メモリ構造|命令とは何か・どう実行されるのか・蓄積プログラム・プログラムや論理回路との関係|
| 3|10/ 8|入出力アーキテクチャ・アーキテクチャとシステムソフト・実行性能と評価|アーキテクチャとは何か・命令とは何か・どんな命令があるのか・オペランドの指定の考え方|
| 4|10/15|命令セットアーキテクチャ・MIPSの例(演算・ロードストア)|コンピュータの性能・メモリアーキテクチャ(8〜10回で)と入出力アーキテクチャ(11〜12回で)・コンピュータの歴史(1章の残り)|
| 5|10/22|MIPS命令形式・コンパイル例(配列・条件分岐・ループ)|MIPSの命令・アセンブリ・MIPS命令による条件分岐文・繰返し文・MIPSでのアドレッシング|
| 6|10/29|命令16進表記・論理演算・アドレシング・Nアドレス形式|繰返し文・間接アドレシングの利用・%%(脱線)マイクロプロセッサとPCの歴史%%・関数呼出し|
| 7|11/ 5||中間試験|
| 8|11/12|メモリデバイス・記憶階層と性能|(試験結果)・%%関数呼出し・%%メモリデバイス・記憶階層と性能|
| 9|11/19|キャッシュ例・キャッシュ機構・置換アルゴリズム|%%記憶階層と性能%%・キャッシュの考え方・キャッシュ機構と性能|
|10|11/26|キャッシュ性能と構成・割込みの概念と処理・入出力制御|%%キャッシュ機構と性能%%・割り込みの考え方・入出力制御|
|11|12/ 3|データ形式・数の表現・浮動小数|%%割込みと入出力制御%%・データ形式・数の表現(整数)・(演習)|
|12|12/10|演算装置・演算の原理|数の表現(浮動小数)・演算装置と原理・%%その他のデータ表現%%・(演習)|
|13|12/17|プロセッサアーキテクチャのまとめ・パイプライン・VLIW・I64演算装置|パイプラインやVLIW・その他の高速化・(脱線)マルチプロセッサの行方|
|14| 1/ 7||残したテーマ・(脱線)いろいろな入出力デバイス・(脱線)PC以外のプロセッサ利用|
||||期末試験|

***ポインタ [#z08b9ccd]
-[[Intel Software Developer's Manual-Basic:http://download.intel.com/design/processor/manuals/253665.pdf]]

-MIPS クロスコンパイラ http://www.spacelan.ne.jp/~m-yana/micro/gnu/mips/mipsegcs.htm

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS