[[山内の授業のページ]]

アクセス数 &counter();  このページの最終更新 &lastmod();

12/12(金) 月末のスケジュール~
&color(red){(1)第2回中間試験は12/24です。};~
&color(red){(2)月曜日午後の回数が不足するため、12/26(金)の2限に補講をします。};~
&color(red){(3)つまり、12/22の週は3回授業があります。12/22(月)=正規の時間割(4限)、12/24(水)=月曜日の代替で(4限)、12/26(金)=補講(2限)};~

9/29(月) 中間試験をすることになりました。~
11/17に第1回(範囲はOSとは、実行管理、同期・通信)、12/24に第2回(範囲はデバイス管理、記憶領域管理、仮想記憶)を行います。期末試験は全範囲です。

9/22(月) 訂正。授業でギガの上、ナノの下を間違えた。~
  キロ(10の3乗)  メガ(10の6乗)  ギガ(10の9乗)  &color(red){テラ(10の12乗)};  ペタ(10の15乗)~
  ミリ(10の-3乗)  マイクロ(10の-6乗)  ナノ(10の-9乗)  &color(red){ピコ(10の-12乗)};  フェムト(10の-15乗)~
 です。

  
**08年度秋学期 オペレーティングシステム [#w87ba673]
月曜日 4限

この講義の目的は、情報科学科修了生が心得ているべき、オペレーティングシステムの知識と考え方を理解してもらうことです。具体的には
-「オペレーティングシステムとは何か」(目的・位置づけ・発展の歴史)を理解し、説明できる
-オペレーティングシステムの一般的な構造を理解し、説明できる
-実行管理の役割と、具体的な仕組、プロセスの考え方を理解し、説明できる
-プロセスの実行スケジューリングの考え方と、用いられるアルゴリズムを理解し、説明できる
-並行処理・プロセス間同期およびそれに伴うデッドロック・その解決法について理解し、説明できる
-デバイスの管理について理解するとともに、バッファリング・ブロッキング・スプーリング・ディスクスケジューリングの概念について理解し、説明できる。ディスクスケジューリングに関する簡単な解析ができる
-記憶領域管理の基本概念、コンパクション・ガベージコレクションを理解し、説明できる
-ページングによる記憶管理方式、仮想記憶、デマンドページングの考え方と仕組を理解し、説明できる
-ページ参照の局所性と置換えアルゴリズムについて理解し、説明できる。置換えアルゴリズムの効率について簡単な解析ができる
-ファイルシステムの役割と仕組、構成要素を理解し、説明できる
-ファイルの名前空間の管理とディレクトリシステム、内容領域管理の役割と仕組を理解し、説明できる

教科書の変更に伴い、シラバスとは若干の順序変更などがありますが、基本的な内容は同じです。

| |日程|教科書の章|予定内容|
|1|09/22|1.OSとは|授業概要説明、OSとは何をするものか、OSの構造|
|2|09/29|1.OSとは、2.実行管理|OSの構造(残)、プロセッサ管理(1)〜CPU時分割をする理由|
|3|10/06|2.実行管理|プロセッサ管理(2)〜時分割の仕組・プロセスとその状態遷移|
|4|10/20|2.実行管理|プロセッサ管理(3)〜スケジューリング問題|
|5|10/27|3.同期・通信|プロセッサ管理(4)〜並行プロセスと同期・排他制御・デッドロック、プロセス間通信|
|6|11/17|%%3.同期・通信、%%4.デバイス管理|%%プロセッサ管理(5)〜セマフォ・プロセス間通信%%、デバイス管理(1)〜入出力デバイス、中間試験(1)|
|7|12/01|4.デバイス管理|デバイス管理(2)〜バッファリング・ブロッキング・スプーリング、ディスクアクセス|
|8|12/08|5.記憶領域管理|メモリ管理(1)〜メモリ管理の必要性・記憶領域管理・コンパクション・GC|
|9|12/15|5.記憶領域管理|メモリ管理(2)〜・ページによる管理・セグメンテーション|
|10|12/22|6.仮想記憶|メモリ管理(3)〜大きなメモリ問題・仮想記憶の考え方・デマンドページング|
|11|12/24|6.仮想記憶|メモリ管理(4)〜アクセスの局所性・置き換え技法、中間試験(2)|
|11|12/24 振替|6.仮想記憶|メモリ管理(4)〜アクセスの局所性・置き換え技法、中間試験(2)|
|12|12/26 補講|7.ファイルシステム|ファイル管理(1)〜ファイルの概念・名前空間管理|
|13|01/05|7.ファイルシステム|ファイル管理(2)〜ファイルの内容領域管理、その他のファイルシステム|
|14|01/13|12.構成法と事例、13.歴史と展望、1、OSとは|事例、歴史、OSの役割再考|
|14|01/13 振替|12.構成法と事例、13.歴史と展望、1、OSとは|事例、歴史、OSの役割再考|
| |試験期間||期末試験|

***おまけ [#labd3f43]
-Journaling File System [[Linux ジャーナリング・ファイルシステムの徹底調査:http://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-journaling-filesystems/]] 2008年 6月 04日

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS