[[山内の授業のページ]]

アクセス数 &counter();  このページの最終更新 &lastmod();
**11年度春学期 データベース論 [#ie668b65]


授業概要: データベースは特定の目的に沿ってたくさんのデータを集めたもので、それを効率よくかつ安全に保存・管理・アクセスするサービスを提供するシステムである。この授業では、データの性質を記述するデータモデルの考え方、現在広く使われているリレーショナルモデル(関係モデル)の理論的背景、データのアクセス(問い合わせ)を行うための言語SQL、データベースを実現するための技術要素(物理的側面、トランザクション処理)などを紹介する。

到達目標: データモデルの考え方(モデルの階層、3層スキーマなど)、リレーショナルモデルの考え方・関係代数・ERモデル・正規化の概念と操作、問い合わせ言語SQLの概要、物理的な実現技術と問題、トランザクション処理の考え方について、説明できるようになる。また、SQLについては初歩的な問い合わせを書けるようになる。


授業スケジュール(予定):~
|回数  |日程     |内容   | |
|1|4/05|&ref(db1_背景とデータモデル.pdf,,授業概要・データベースの背景・データモデル);|&ref(db1.pdf,,PPT);|
|2|4/12|&ref(db2_リレーショナルモデル.pdf,,リレーショナルモデル);|&ref(db2.pdf,,PPT);|
|3|4/19|&ref(db3_リレーショナル演算.pdf,,リレーショナル演算);|&ref(db3.pdf,,PPT);|
|4|4/26|&ref(db4_ERモデル.pdf,,ERモデル);|&ref(db4.pdf,,PPT);|
|5|5/10|&ref(db5_正規化1.pdf,,リレーショナルデータベースの正規化1);|&ref(db5.pdf,,PPT);|
|6|5/17|&ref(db6_正規化2.pdf,,リレーショナルデータベースの正規化2);|&ref(db6.pdf,,PPT);|
|7|5/24|&ref(db7_正規化3.pdf,,リレーショナルデータベースの正規化3);|&ref(db7.pdf,,PPT);|
|8|5/31|&ref(db8_問合せ言語とSQL1.pdf,,問合せ言語とSQL(1));|&ref(db8.pdf,,PPT);|
|9|6/07|&ref(db9_問合せ言語とSQL2.pdf,,問合せ言語とSQL(2));|&ref(db9.pdf,,PPT);|
|10|6/14|&ref(db10_SQL実習.pdf,,SQL実習);|&ref(山内の授業のページ/11春/プロジェクト/chap7.pdf,,「プロジェクトIA/IIAの山内担当分の資料のchap. 7); |
|11|6/21|&ref(db11_物理的側面.pdf,,データベースの物理的側面);|&ref(db11.pdf,,PPT);|
|12|6/28|&ref(db12_トランザクション処理.pdf,,トランザクション処理);|&ref(db12.pdf,,PPT);|
|13|7/5| データウェアハウス・新しいデータベース |&ref(db13.pdf,,PPT);|
|13|7/5| &ref(db13_新しいデータベース.pdf,,データウェアハウス・新しいデータベース); |&ref(db13.pdf,,PPT);|
|14|7/12| データモデル再訪 ||
|  |    |期末試験||



教科書: 山本森樹 「体系的に学ぶデータベースのしくみ第2版」 日経BPソフトプレス  ISBN978-4-89100-66505  1900円~
参考書:~
   福田剛志/黒澤亮二 データベースの仕組み 朝倉書店 2009  ISBN798-4-254-12713-3 3200円~
   増永良文  リレーショナルデータベース入門[新訂版]サイエンス社 2003 ISBN978-4-7819-1024-6  2600円~


成績評価方法:~
    平常点(授業内の小テスト等)60%、期末試験40%。  それぞれの単元での目標到達度を問う

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS